キーワード検索
  • 小さいサイズ
  • 標準サイズ
  • 大きいサイズ
文字サイズ

当院について

病院理念

私達は「誠」の医療を推進いたします
1.私達は他人のために尽くして感謝しよう
1.私達は自分の力で伸びて行こう
1.私達は私達の規則を尊重しよう

基本方針

1.地域に根ざした病院として、安心できる医療提供に努めます
1.インフォームドコンセントを徹底し、患者様の選択を尊重した医療をめざします
1.患者様のプライバシーを尊重いたします
1.知識と技術の向上に努め最善の医療をいたします
1.優しさと思いやりを大切に心のこもった公平な医療をいたします

院長挨拶

 愛媛十全医療学院附属病院は、1981年に愛媛十全医療学院附属十全診療所として設立されました。翌年には、新たに愛媛十全医療学院附属病院と名称を変更し、旧川内地区では唯一の入院施設を有する病院として現在に至っています。
 当院は開設から現在まで、整形外科、内科、リハビリテーション科を主な診療科目として地域医療に力を注いで参りました。整形外科では脊椎疾患、関節疾患の治療、内科では総合診療に力を入れ、リハビリテーション科では早期の自立と社会への復帰実現に向けた質の高いリハビリテーションを提供することを目標としてきました。
 私たちの周りは高齢化が進み、運動器疾患や生活習慣病を患う方々が増えています。この傾向はこれから益々顕著になってゆくと予想されますので、今後の日本では、地域住民が必要とする医療・介護・福祉を切れ目なく提供することがより一層求められます。
 当院は今後も、患者・家族の皆様、地域の方々、他の診療所、病院、施設、医師会、行政との連携を一層深めながら、地域に密着して医療を提供できる病院として皆様のお役に立てるように努力して参りたいと思います。
 職員一同、これからも地域の方々に今まで以上に信頼され、いつでも優しく温かい病院であり、皆様に選んで頂ける病院を目指していく所存です。どうか宜しくお願い致します。
病院長 松田 芳郎

トップページへ